FC2ブログ

Entries

♪7-86⑧第15回川西市民オペラ「セビリアの理髪師」第2夜

イタリア3大喜歌劇シリーズPart-III ロッシーニ「セビリアの理髪師」 全2幕 原語上演 字幕付(¥3150)
指揮:牧村 邦彦
演出:井原 広樹
合唱指揮:岩城 拓也
演奏:ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団
合唱:川西市民オペラ合唱団

<キャスト>
・アルマヴィーヴァ伯爵:西垣俊朗
・ドン・バルトロ:萩原次己
・ロジーナ:味岡真紀子
・フィガロ:油井宏隆
・ドン・バジリオ:雁木悟
・フィオレッロ・隊長:嶋本晃
・ベルタ:尾市雅子
・アンブロージオ:赤澤俊明

(市民オペラと呼べるのか、疑問に思える市民オペラの代表、川西市民オペラ。
キャストはベテラン・中堅・若手とバランスよく配置される。
特にベテランに味のあるキャストが多い。
以前は油井父が良い味だしてましたが、さすがに舞台にはあがらなくなられました。惜しい気もしますが、それだけ歴史が出来てきたということで。
今回は、女声のベテラン(お許しを!)尾市さん。
今回もベルタで出演されました。
これがいいのです。アリアは1曲、あとは重唱だけなんですが、実に存在感が有る。
声も通り、ロジーナと二人歌えば聴こえるのはベルタのもの状態。
次回はラ・ボエームだから出番は無いかもしれないけれど、まだまだ舞台を引き締めていただきたいものです。
男声では西垣さん。リリックテノールは健在です。ダブルキャストのタケポン君、良い勉強になったことでしょう。

今回のバリトンはレベル高すぎ。
油井さん、かっこよすぎ。今日の舞台はYui on stage状態です。
萩原君、雁木君、絶好調。
嶋本君、先輩連中のなか確実な演技。
後はロジーナ。
ん~ん。このオペラがあまり上演されないのが分かります。
メゾソプラノコロラトゥーラ。
そんなんがあるのかどうか、かなりの個性を要求されるのね。
味岡さんを聴くのははじめてではないし、上方オペラ工房で活躍されてるので期待してたんだけれど、父さん的には満足しておりません。
細かいことはよくは分からないのですが。なにが物足りないのかも分からないのです。ただ、帰り道ででた鼻歌がフィガロだった)

父さんはここのホールのアンケートには答えない。
以前、父さんの日記の内容についてのクレームが同じ市内に住むN氏の家にあった。N氏曰くアンケートに℡番号を書いたと。目的外の情報使用になると思うのだが。
そういう前科の有るホールの言うことは信じられないから。

それはそれとして、ここ川西市は尊敬にあたいする自治体であることは間違いない。

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tousanhituji.blog74.fc2.com/tb.php/247-adb033e3

トラックバック

コメント

[C508] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

父さん羊

Author:父さん羊
♪ご挨拶♪
・定年後の余暇を利用し聴き歩いている1クラシックファンのブログです。
・このブログには来日演奏家、全国区の演奏家は登場しません。関西で地道に活動される演奏家の記録です。
・敬称は略させていただいています。
・写真の掲載については基本了承いただいていますが、いただいていない場合もあります。連絡いただければ削除します。
・出演者名は発表された物を記載していますが、削除希望される場合は申し出ください。基本演奏者の希望を優先します。
・曲名については不正確です。
・出演者以外の当日記の使用はご遠慮ください。
・演奏会の情報をいただければ掲載いたします。
・予算と日程が限られていますので、ご案内いただいても行けないことが多いです。招待されると飛んでいきますが(笑)

表現に不適正なところはご指摘ください。訂正・削除いたします。
よろしくお願いいたします。

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MicroAd

ブログ内検索